会計税務申告のご支援

月々の財務データが、翌月には確定していることが基本です!

暗闇の中を、手探りで進んでいませんか?申告期限ぎりぎりまで、今期の決算額がわからない。毎月の経営状況が把握できないから、判断が後手に回ってしまう。会計ルールに沿っていないから、金融機関から決算書を信頼されない。経営計画を作っても、現状がわからないから作りっぱなし。

「月次巡回監査」による月次決算体制の確率!

税理士法人パートナーズでは、毎月貴社をご訪問させていただき、会計資料、会計記録を照合し会計処理や、各種証拠書類の保存や整理についてご指導させていただき、業績についてご報告し、経営その他あらゆるご相談に応じさせていただいております。

会計処理指導、会計記録の確認、経営全般のご支援、親身の相談相手、4つから成る月次巡回監査。

「月次決算書」の作成!

アイコン

決算書になったら大幅に数字がかわってしまう試算表では、経営判断の役に立ちません。
税理士法人パートナーズでは試算表ではなく、概算償却費はもちろん、必要に応じて、月次の棚卸や賞与引当金の入った、発生主義の月次決算書の作成をご指導させていただきます。

金融機関から評価される決算書・申告書の作成!

税理士法人パートナーズでは「中小企業の会計に関する基本要領」に準拠して決算書を作成し、その決算書に基づき、税務申告書を作成、さらに、税理士法第33条の2第1項で税理士が添付することを認められた書面を添付して、決算書申告書の信頼性を高めます。

損益計算だけでなく資金繰り計画の作成もご支援します!

「勘定合って銭足らず」という言葉があります。決算書で利益があることと、資金があることは別のものです。
税理士法人パートナーズでは、必要に応じ資金繰り計画作成のご支援をします。また、ご希望があれば、金融機関への融資の取次や、金融機関への業績の説明に御同行させていただきます。

お問い合わせ
TKC システムQ&A税理士法人パートナーズの料金について税理士法人パートナーズのセミナーのご案内月間パートナーズ税理士法人パートナーズ メンバーの紹介お問い合わせ税理士法人パートナーズ フェイスブック
ページの先頭へ